冬鳥

 夏の初め頃からの続いていた買取りラッシュもだいぶ落ち着いてきました。一時は半分ほどが古本で埋まっていた売り場の通路も、いまはいちおう全て開通し、歩きやすくなっています。予想されていた通り、気温が下がるにつれてふたたび感染者数が増えており、この冬も様子をみながらぼちぼちの営業になりそうですが、在庫はうなるほどありますので、地道に棚の整理と入れ替えをやっていこうと思います。


 早くも(でもない?)お問合せをいただいている年末年始の営業については、いまのところ例年通り、時間短縮ながら休まず営業の予定です。お近くまでお越しの際にはぜひお立ち寄りくださいませ。

 倉敷川には今年も渡りのカモ類がやってきました。冬場の最大の楽しみです。